易占

易占

50、火風鼎、5爻、即応する、調整。木に火がついて燃え上がるさまが鼎である。自分の行くべき道を行く。信じて進もう。

易占

45、沢地萃、5爻、集まる、集合、沢が地の上にのぼるさまが萃である。集まる中心を得ている時。自分の信じる道を行こう。

易占

31、沢山咸、3爻、感応、夫婦の道、 山の上に沢があって潤しているさまが咸である。周りにつられて動かず、自分のいくべき道を行く。

易占

16、雷地豫、上爻、よろこび楽しむ、余裕。雷が地上に出て、その威をふるっているさまが豫である。道理に沿って動く。楽しさだけに溺れない。切り替えができる状態にしておく。

易占

24、血雷復、5爻、一陽来復、復帰。雷鳴のエネルギーが地中に潜んでいるさまが復である。自分には自分のサイクルがある。いったものが帰り、来たものが往く。

易占

6、天水訟、5爻、論争、訴訟、天は上にのぼり、水は下に流れ、互いに違う方向を向いているさまが訟である。正しい行動は支持される。

易占

4、山水蒙、2爻、未熟、教育、山のふもとから泉をほとばしり出させているさまが蒙である。否定しないで。 分からないときもある、 できないときもある、 気づかないこともある。 完璧でなくて当然。 これから変わることができる。

易占

27、山雷頥、5爻、口、養う。山の下に雷のエネルギーが隠れているさまが頥である。頼ってもいい、

易占

23、山地剥、2爻、山が崩れて平地になるさまが剥である。

易占

1、乾為天、4爻、偉大なる天、天体の運行は健やかでやむことはない。タイミングを見計らって進もう。

易占

3、水雷屯、5爻、生みの苦しみ、芽生え、雲が垂れ込め、雷が轟きながら、まだ雨となって万物を潤すに至らないさまが屯である。小さなことからコツコツと。

易占

9、風天小畜、初爻、小さな停止、小さな蓄積。風が天空を吹きめぐっているさまが小畜である。常に学ぶこと。

易占

1、乾為天、初爻、偉大なる天、天体の運行は健やかでやむことはない。まだ動く時ではない、しばらく自重して、時を待つ。

易占

5、水天需、4爻、待機、エネルギーの補給、雲が天にのぼり、雨降らんとする時を待つさまが需である。山は超えた、あとは待とう。

易占

56、火山旅、3爻、旅立ち。山の上に火が燃え広がるさまが旅である。着実にいくべき道を歩んでいく。いつもより慎重に。

易占

51、震為雷、2爻、地震、雷、しきりに雷のなるさまが震である。必要なものは戻ってくる。

易占

55、雷火豊、3爻、盛大、豊富、雷鳴と電光がともにやってくるさまが豊である。光で照らそうとする姿勢を忘れない。

易占

41、山沢損、2爻、減少、山のふもとに沢があるさまが損である。何かをすることを減らす日

易占

27、山雷頤、4爻、口、養う、山の下に雷のエネルギーが隠れているさまが頤である。

易占

26、山天大畜、4爻、大きな停止、大きな蓄積、天の気が山中にたくわえられているさまが大畜である。

易占

57、そん為風、4爻、風のまにまに、従う。 風が吹きわたるさまがそんである。丁寧に、深く入りこもう。うまくやれる。

易占

43.沢天かい、5爻、決断、決行、沢が天の上にのぼるさまがかいである。

易占

23、山地剥、上爻、剥奪、山が崩れて平地になるさまが剥である。最後に残ったものが何なのか意識する。

易占

49、沢火革、変革、改革。火と水が争うさまが革である。

易占

12、天地否、初爻、停滞、塞がる、天の気と地の気がそれぞれの位置に固定して交じり合わないさまが否である。

易占

20、風地観、2爻、観察、自戒。風が大地の上を吹きわたっているさまが観である。自分をそして周りをよく観る。

易占

43、沢天かい 、3爻、決断、決行、沢が天の上にのぼるさまがかいである。自分の判断を信じよう

易占

33、天山遯、4爻、退避、隠遁、天に対して下から山が迫っているさまが遯である。立つ鳥あとを濁さず。

易占

53、風山ゼン、上爻、進む、山上の木が着実に伸びていくさまがゼンである。階段を登る感じ、振り返るとそれなりの景色が見える。

易占

58、兌為沢、3爻、よろこび、沢が連なっているさまが兌である。大事なことを忘れないように。