易占

易占

61、風沢中孚、5爻、まこと、誠実。沢の上に風が吹きわたって、水を動かすさまが中孚である。何も問題はない、道は通る。

易占

59、風水渙、5爻、離散。風が水面を吹きわたって水を散らすさまが渙である。蓄積しているものを汗のように放出する日。悪いものを出していこうか。

易占

54、雷沢帰妹、4爻、結婚。沢の上に雷鳴が轟き、水面を波立たせている様が帰妹である。 今は進めない、よそ見せずに行く道に進めるまで準備して時を待つ。

易占

30、離為火、5爻、明智、太陽。 明が重なっているさまが離である。火はそれだけでは燃えることは出来ない。自分の道に沿って、然るべきものにつく。

易占

7、地水師、2爻、軍隊、戦争。 大地が豊かに水をたたえているさまが師である。目的を果たすためせめて行く時、何も問題は無い。

易占

58、兌為沢、4爻、よろこび。沢が連なったさまが兌である。迷っても何が大事が思い巡らして道をゆく。

易占

3、水雷屯、初爻、うみの苦しみ、芽生え。 雲が垂れこめ、雷が轟きながら、まだ雨となって万物を潤すに至らないさまが屯である。ちょこまか動かず今あるものをやり遂げることを決める。

易占

58、兌為沢、初爻、よろこび。沢が連なったさまが兌である。自分の道から逸れることなく和を繋げていく。

易占

35、火地晋、上爻、進む、成功。 明るい太陽が地上に現れている様が晋である。 もう少しあっても問題は無い、もちろん今のままでも問題は無い。

易占

18、山風蠱、初爻、腐敗。山の下に風が吹き荒れるさまが蠱である。終わりかけの事柄を済ませて、次に向いていく。

易占

33、天山遯、上爻、退去、隠遁。 天に対して山が迫ってくるさまが遯である。

易占

41、山沢損、5爻、減少。 山のふもとに沢ががあるさまが損である。 損して得とれ、裏を考えず精一杯尽くしてみる。

易占

52、艮為山、5爻、停止。山を連ねているさまが艮である。何をするにしても、根っこは不動。口から出る言葉にも芯があれば通る。

易占

59、風水渙、3爻、離散。風が水面を吹きわたって水を散らすさまが渙である。雑念を散らし目的に集中すること。行くべき道を行く。

易占

12、天地否、3爻、停滞、塞がる。 天の気と地の気がそれぞれの位置に固定して交じり合わないさまが否である。進みたくても進めない、別の道を探すよりも今はとどまり機会を待つ。

易占

1、乾為天、4爻、偉大なる天。 天体の運行は健やかでやむことはない。進んでよい。迷っているなら、どれくらいで、どれだけ、どのタイミングかを見極めて進もう。

易占

7、地水師、4爻、軍隊、戦争。 大地が豊かに水をたたえているさまが師である。一歩引いて静観する。無理せずほどほどの位置に常にいること。

易占

38、火沢睽、4爻、対立。上に火があり、下に沢があって相反しているさまが睽である。 問題は小さい内に対処する、孤立してもちゃんとやるべきことをしていれば上手く周っていく。

易占

64、火水未済、初爻、未完成。 火が水の上にあって所を得ていないさまが未済である。焦らないで、よく調べ準備しよう。

易占

14、火天大有、3爻、大量所有。 火が燃え上がって天の上にあるさまが大有である。謙虚にそして大胆に。

易占

43、沢天夬、2爻、決断、決行。 沢が天の上に登るさまが夬である。ガードを固めて備える。

易占

49、沢火革、2爻、変革、改革。 水と火が争うさまが革である。進むべきタイミングがある。ひたすらに準備。

易占

63、水火既済、5爻、完成。 前日と同じ卦だが、本日は本日のやるべきことをする。又、現状を継続していくことの表れ。

易占

63、水火既済、5爻、完成。 水が火の上にあって燃えさかる火を消そうとしているさまが既済である。現状維持を意識し、次に備える。

易占

2、坤為地、5爻、偉大なる大地。 大地の働き、これが坤である。前に出る必要はない、状況をよく見て状況に従っていく。

易占

52、艮為山、3、停止。 山を連ねているさまが艮である。根っこがしっかりしていれば、雨風にさらされるようなことが起きてもあわてることはない。

易占

50、火風鼎、5爻、即応する、調整。 木に火がついて燃え上がるさまが鼎である。 どっしりと構え人の意見を聞くこと。

易占

37、風火家人、4爻、家庭生活。 火が燃えて風が起こるさまが家人である。内がおさまれば、外もおさまり全てがおさまる。内をおさめることに励む。

易占

3、水雷屯、2爻、生みの苦しみ、芽生え。 雲が垂れ込め、雷が轟きながら、まだ雨となって万物を潤すにいたらない様が屯である。進むためには時に人に頼むこともある。

易占

59、風水渙、初爻、離散。風が水面を吹きわたって水を散らすさまが渙である。 勢いよく進んでいく、その勢いに乗ってさらにさらに。