易占

易占

41、山沢損、減少。 損して得取れの時、奉仕の気持ちで今は事にあたる。できるかぎり速やかに動く。

易占

35、火地晋、4爻、進む、成功。 晴れ晴れしい日の出の時、ただし、進み過ぎると通らなくなる。見極めが肝心。

易占

49、沢火革、3爻、変革、改革。 勢いだけでは通らない。行くとどうなるか、様々なパターンや周囲の連動を考えて動くならば元亨利貞。

易占

45、沢地萃、初爻、集まる、集合。 集中して行く道を行く。どう行くか、どこまで行くか賢者に相談するのも良い。

易占

32、雷風恒、4爻、永久、持続。 深追いせず、淡々とやるべきことをこなしていく。お茶漬けの味。

易占

27、山雷頥、上爻、口、養う。 全てを背負っていける、自分にそれだけの準備が整っている証拠。自分のいく道に沿っていれば良い。

易占

58、兌為沢、4爻、よろこび。 自分と周りがよくなる道を行くことが肝心である。あれもこれもは要注意。

易占

15、地山謙、4爻、謙虚、謙遜。 実るほどこうべを垂れる稲穂かな。自分だけのちからでは無いことを芯に据える。

易占

51、震為雷、上爻、地震、雷。 人の振り見て我が振り直せ。不安ならその不安を徹底的に探ってみる。

易占

11、地天泰、4爻、平和、 なるようになる、良い悪いも望む望まないもなく、自然そのもの。

易占

57、ソン為風、2爻、風のまにまに、従う。 できることは何でもしていく。やり過ぎるくらいの慎重さで。

易占

57、ソン為風、上爻、風のまにまに、従う。 自分を持った上で風のように流れていく。進むべき道に入りこんでいく。

易占

47、沢水困、3爻、進退きわまる、困窮。 進めず、留まれずモヤモヤする時。こんな時は滅多に起こらない状況を前向きに捉えることで過ごす。

易占

55、雷火豊、初爻、盛大、豊富。 何が起ころうとも、良い方に捉えられる。 太陽が全てを照らし出すように、そこに感情はない。

易占

1、乾為天、5爻、偉大なる天。 高く飛んでどこまでも行ける時、自分の思う通りに進んでいく。ただ、その先のことも考えて動くこと。

易占

59、風水渙、5爻、離散。 初志貫徹、風は吹いて、水は流れていく。離れていくなら、また集めればよい。

易占

24、地雷復、4爻、一陽来復、復帰。 止まっていたものが動き出す、我が道を行く時。

易占

25、天雷无妄、無心、無邪気。 物事が摂理どうり動いていく時。なるようになっていく。

易占

64、火水未済、上爻、未完成。 自然がそうなっているように、今は成り行きを観察する。そして、ある程度道の下準備をする。

易占

60.水沢節、上爻、区切り、調整。 節約しすぎている可能性がある。又は度が過ぎている。ほどほどにを徹底してみる時。

易占

3、水雷屯、2爻、生みの苦しみ、芽生え。 動かずじっとしている時。高く飛ぶにはそれなりの助走とちからを溜めてタイミングを合わせる必要がある。

易占

51、震為雷、4爻、地震、雷。 見た目ほどのことはない。よく観て先を読むことが大切な時。

易占

25、地雷復、5爻、一陽来復、復帰。 順次よくやるべきことをこなしていく。飛ばしすぎず、考えて行動する。

易占

22、山火賁、5爻、沸き立つ、装飾。 器に気を使う時、しかし、器と中身もバランスよく整える必要がある。

易占

25、天雷无妄、無心、無邪気。 太陽が西から東へ巡る時、そこには何の思惑もない。自然にならい、無心でやるべきことをやる。

易占

63、水火既済、完成。 現状維持をいかに保つかが大切な時。動けないのは、動く必要がないからである。あとは、その時を待つのみ。

易占

58、兌為沢、5爻、よろこび。 周りの為になることを考え、行う時。自分の為になることもほどほどに考える。何があっても浮き足立たない。

易占

60、水沢節、3爻、区切り、調整。 竹の節のように行き過ぎず、程よい間隔になるように意識する時。エネルギーの消費も節約してみる。

易占

58、兌為沢、初爻、よろこび。 自分の軸を持った上で周りと和む。予測して行動する。

易占

23、山地剝、2爻、剥奪。 自ら進む時ではない。何がどうなろうとしているのか、よく観察して見守る。