明日への螺旋

どうも時にあたるです。ある一定の水準まで行ってしまえば、そこがゴールでありスタート地点なのかもしれない。これからやるべき事は経験と原理原則の意識。